免許制度

ボート免許(小型船舶操縦士免許)は、エンジンやモーターなどの動力を搭載した総トン数20トン未満の船を操縦するのに必要な資格です。
免許を取得するには、海技従事者国家試験に合格しなければなりません。
試験は、身体検査、学科試験、実技試験の3つがあります。全ての試験に合格すると合格証明書が交付されます。この合格証明書と必要書類を最寄りの運輸局に提出して免許も申請を行えば、免許を取得できます。

ボート免許(小型船舶操縦士免許)とは
ボート免許(又は水上オートバイ免許)は、次の「免許が不要な船(1)から(3)」以外の総トン数20トン未満又は全長24m未満の船を操縦するのに必要な資格です。
[免許が不要な船]
(1)推進用エンジンが付いていない手漕ぎボート
(2)推進用エンジンが付いていない総トン数5トン未満のヨット
(3)ボートの長さが3m未満で、推進用エンジン出力1.5kw未満のエレキモーター

免許の種類と取得資格
ボート免許は、操縦できる水面の範囲や船の種類によって一級小型船舶操縦士、二級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士に分かれています。
また、旅客船や遊漁船など人を運送する小型船舶の船長を目指す方は、これらの免許に加えて、「特定操縦免許」が必要とないります。

免許の種類 対象船舶 航行区域 受験年齢 免許年齢
一級 20トン未満 無制限 17歳9ヶ月から 18歳以上
二級 20トン未満

川や湖、湾

海岸から5海里

17歳9ヶ月から 18歳以上
二級湖川

5トン未満

エンジン出力が

15kw未満

湖や川などの内水面と

指定された一部の海域に

限定

15歳9ヶ月から 16歳以上
特殊 水上オートバイ

水上オートバイという船

そのものの

航行できる区域

15歳9ヶ月から 16歳以上

※二級免許について年齢が18歳未満の方は、操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行されます。
[身体検査合格基準]
免許を取得するには資格年齢のほか下記の身体検査合格基準を満たさなければなりません。

検査項目 基準
視力 両眼とも0.5以上(矯正可)。一眼の視力が0.5未満の場合は、他眼の視力が0.5以上であり、かつ、視野が左右150度以上であること。 
弁色力 夜間において船舶の灯火の色を識別できること。(灯火の色が識別できない場合は、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許が取得できます。) 
聴力 5m以上の距離で話声語(普通の大きさの声音)の弁別ができること。(補聴器可) 
疾病及び身体機能の障害 軽症で小型船舶操縦者の業務に支障をきたさないと認められること。